alt text

HI-RESO INSTRUMENTS REVIEW

2013年、ROLANDより新型ループステーションRC-505がリリースされた。 今までも数々のライブでインパクトのあるパフォーマンスを見せてくれたRCシリーズの最新バージョン。 しかもデスクトップタイプという斬新なデザイン。早速使用感含めて試してみた。

RO-505は定番ループシリーズRCの中でも初デスクトップモデル。手での操作がメインとなっている。
マイクやギター、スマホ等様々な楽器を繋いで最大5つのループをプレイバック可能。今回はフロントパネルにフェーダーを搭載し、しかもDJミキサーのような縦フェーダーを採用して直感的にどんどんレベル調整も可能に。エフェクトもかけ取りできるインプットエフェクターと、ループにかけるポストエフェクターに分かれている。
例えばボイスパーカッションなどでキックの低音を強調したEQをかけてループにして、その後STUTTERのエフェクトをかけビートを切り刻むなどのプロセスを可能に。数種類の豊富なインプットとアウトプット端子を備え、大規模なライブやレコーディングにも対応できるようになっている。

まずは本体を持ってみた所、思ったよりも断然軽い。今までのしっかりした形状とは質感も含めていい意味で違っていて、軽くて容易に持ち上げられる。クラブやライブハウス使用を念頭においた、非常にモバイル対応を意識した形になっている。

音質的には、通すと高音域あたりの帯域がやや下がり気味に聞こえ、原音よりは少し太めの印象になった感じがした。

エフェクトはキックのような低音を出す際に使えるEQ。「DELAY」「ECHO」系は高音のループフレーズ等に使用するとU2のようなディレイサウンドを構築できる。オーバーダブをするか、別系統のチャンネルに分けるかがサウンドメイクのポイントとなると思うが、ダビングによるリミッターの効果をいかに処理するかで選択の幅が広げられる点がポイントだろう。同期のようなクリアなサウンドをなら別チャンネル、歪んだ荒削りなサウンドならオーバーダブのようにサウンドの方向性の目指す所にチャンネルを考えるのがベストではないだろうか。
「GUITAR TO BASS」はベースラインをギターで作れるので低音を充実させたい時に使用。またポストエフェクトに有効なFXも多数搭載されている。
「BEAT REPEAT」は拍の長さにループが代わり、DJのようなサウンドを生み出す事が可能。他にも本当に多数のエフェクトが入っており、現場の声を反映した使いやすいエフェクターが多いのが特徴的。

筆者は実際にライブやレコーディングで使用してみた。ライブではギターで使用し、結果的には本機材をフルに使用するのは生楽器と同じくらいのノウハウや熟練度が必要で、エフェクトという範囲を超えた可能性を感じた。試しに足で操作してみた所、再生は問題なくできたが停止ボタンは奥にあるため難しいので、別売りフットコントローラーFS-5等で対処するのがいいだろう。

レコーディングでは、エフェクト的な形で使用し後でテンポ等をあわせるなどの調整が出来る。プリプロ的な要素でアイディアを出して気に入ったフレーズはテンポ等を合わせて本RECに使用する事も可能にすると合理的ではないだろうか。

総合的に見ると、エフェクターではなく「楽器」の域に達したエフェクターという印象。この機材を駆使して新しいスターが生まれるのではないかと予感もあり、非常に注目すべき一品である。

Credit Editer
-Taichi Nakamura

Date SEPTEMBER 12, 2014